いま起きていること(日誌)

2021年8月1日以降の日々の記録

05-11/FEB/2024 #WhatsHappeningInMyanmar

2024年2月5日~11日ミャンマーで起きた #WhatsHappeningInMyanmar の記録:
《軍が徴兵制実施を発表》
▼軍評議会が国民皆兵の徴兵制開始を発表
▼軍事政権はクーデター以降4,500人を殺害、1,652回空爆して936人以上を殺害
▼国連安保理がミャンマー情勢で緊急会合、日米英など9カ国が軍政非難の共同声明
▼ミャンマー軍の戦争犯罪・残虐行為が明らかに
……

29/JAN-04/FEB/2024 #WhatsHappeningInMyanmar

2024年1月29日~2月4日 #WhatsHappeningInMyanmar:
《クーデターから丸3年》
▼軍事政権が非常事態宣言の6ヶ月延長を決定
▼全国で軍への静かな抗議行動
▼軍事政権は抗議行動に同調・参加者を弾圧
▼軍事政権がコーカン電子詐欺犯罪の主要容疑者10名を中国へ引き渡し
▼CNF、KNPP、KNU、NUGが共同で、軍事独裁政権廃絶などに向けた声明発表
▼パオ民族解放軍、シャン州進歩党(SSPP)が、抵抗勢力と協力する声明発表
▼チン州では、地元防衛勢力が国土の4分の3を影響下におく
▼軍が村々で空爆、重砲による砲撃、焼き討ちを繰り返し、住民が死傷(ザガイン管区モンユワ郡区・カンバルー郡・シュエボー郡、カチン州モーフニン郡、チン州マトゥピー郡、シャン州南部スィーサイン市)
▼ASEAN外相会議に、軍事政権から非政治的代表が参加
▼米国が軍事政権に関連する個人・団体に新たな制裁
▼日本が空爆などを強く非難する外相談話発表
……

18-24/DEC/2023 #WhatsHappeningInMyanmar

▼NUG、すべての革命勢力は政治的取り決めについて詳細に議論していると発表▼20日にシャン州北部のコーカン地方で戦闘が再開し、一時停戦が終わる▼カヤー州ロイコー市の解放をぐり激戦中▼日本のODA式典に軍トップが参列▼ノルウェー政府基金がKDDIおよび住友商事を監視対象下に置と決定……

11-17/DEC/2023 #WhatsHappeningInMyanmar

▼中国が仲介して軍評議会の組織と三同胞同盟とが協議
*11日に軍報道官、中国政府が、それぞれ協議実施(和平交渉)とその継続を発表
*11日、三同胞同盟は、国民が望む政治目標と軍事独裁政権の撲滅が一日も休むことなく継続していると発表
*アラカン軍は、同胞同盟は中国で行われた和平交渉に出席したにもかかわらず、国民の願いに従いミャンマー政権打倒に向けて戦い続けると発表
*NUG国防大臣は、軍事独裁政権を根絶するためにNUGと民族抵抗勢力の間で調整が続いていると発表
*14日、中国政府は、会談はここ数日間中国の主催で中国で開催され、一時停戦および民族武装組織と軍事評議会との会談継続に合意したと発表
*15日、OCHA(国連人道問題調整事務所)は、シャン州のいくつかの地域では戦闘はいまも続いていると報告
*15日、TNLAはシャン州北部のナムサン町を完全に占領
*会議をめぐっては、さまざまな情報が流れた
……

4-10/DEC/2023 #WhatsHappeningInMyanmar

2023年12月4日~10日、ミャンマーで起きたことの記録:
▼1027作戦で劣勢に陥っている軍トップをはじめ軍事政権から、兵士補充や民族武装勢力の動きをけん制する発言が相次ぐ
▼軍の空爆・砲撃が激化し、犠牲者、避難民が急増
▼ザガイン地方域で働く非CDM職員・警官など150人がNGU側の呼びかけに応じ帰順
▼深刻な外貨不足で燃料輸入が滞り、ガソリンスタンドには長蛇の列、ミャンマー中央銀行は今後、外貨の基準為替レートを設定しないと発表
▼ロシアから高官が来訪。軍事政権外相はメコン流域外相会議に出席した中国で王毅外相と会談
▼ロヒンギャ難民が相次ぎ漂着しているインドネシアの大統領が、人身売買の疑いを指摘し、国際社会に解決を求める

19-27/NOV/2023 #WhatsHappeningInMyanmar

2023年11月19~月27日#ミャンマー で起きたこと:
▼1027作戦から全国規模の作戦(Nationwide Operation)へ。
▼軍事政権の対応。
▼ヤンゴン街頭で、反軍運動が行われた。
▼人道危機が深まり、戦争犯罪が行われている。
▼中国と軍事政権との関係に変化?
▼ASEAN議長国インドネシアが「ミャンマー問題関連会合」開催。

トップへ戻る
Translate »
PAGE TOP