#地雷

1-13/APR/2024 #WhatsHappeningInMyanmar

2024年4月1日~13日にミャンマーで起きたこと#WhatsHappeningInMyanmar
▼徴兵第1陣が軍事訓練完了
▼NUCC主催の第2回国民代表大会開催
▼マレーシアの通信大手、米大手石油会社が撤退
▼KDDI、住友商事がミャンマー事業で1050億円損失
▼深刻化する人道問題
▼軍刑務所で政治囚殺害
▼軍事政権中枢へ相次ぐドローン攻撃
▼ザガイン地方域で軍基地を包囲し降伏させる
▼KIAがカチン州南東部の中国・ミャンマー国境出入国ゲートの町を初めて占領
▼KNUと同盟軍がタイ・ミャンマー国境貿易ゲートがあるカレン州ミャワディを制圧
 ……

21-27/Aug/2022 #WhatsHappeningInMyanmar

2022年8月21日から8月27日までの1週間にミャンマーで起きたことです。
#WhatsHappeningInMyanmar
▼チャット安、金価格高騰、ガソリンや食用油、米をはじめ生活用品の価格が急騰して、国民の生活はますます苦しくなっています。ヤンゴンでは市中心部だけでなく周辺でも、集団で物乞いする人の姿が見かけられました。
▼ヤンゴンのインセイン刑務所周辺、郡区裁判所、ネーピドーの県裁判所、中国との国境に近いシャン州の町など、各所で爆弾の爆発が報じられています。
▼ザガイン地方域、マグウェー地方域、さらにチン州、カチン州、シャン州でも軍が空爆を含め激しく村々を攻撃し、地元住民の殺傷、家屋焼き討ち、財産強奪などによって、避難民が生まれています。軍が生きたまま焼かれた男女の老人を含め約40人を殺害したり、少女ら2人をレイプし殺害、全裸のまま崖に放置するといった残虐行為もつづいています。
▼軍が占拠した村から移動するさい地雷を仕掛け、その地雷の爆発で亡くなったり足を失ったりする地元住民が増えているようです。
▼軍事政権に抵抗している側が、軍への協力者と誤って市民を殺害する事件が2件、明らかになりました。いずれも、謝罪声明がでています。
▼元駐ミャンマー英国大使が、入管法違反容疑で夫とともに逮捕・勾留されました。英国が追加のミャンマー制裁を行うことへの報復であるとも報じられています。

トップへ戻る
Translate »
PAGE TOP